業務内容

業務内容のご案内

>就業規則、賃金規定その他の諸規定の作成、見直し

既存の雛形を使った就業規則を使っていませんか?

自社にとってベストなオーダーメイドの就業規則

御社にフィットした、規定を作ります。
労務トラブルの削減、無駄なコスト削減により、「強い会社」を作りましょう。

労働、社会保険、労働基準法に関する書類作成、手続、相談

手間がかかる手続きは、専門の社会保険労務士に依頼することがベストです。

各種助成金のご提案、申請

御社にとってマッチした助成金のご提案をします。また、複雑で時間がかかる申請業務 を御社に助成金入金後、手数料をいただく完全成功報酬制です。

給与計算業務

給与計算は複雑で分かりづらいことが多く、また、従業員の個人情報が多く、社内での業務は危険です。専門知識を持ち、守秘義務がある社会保険労務士にお任せください。

労働基準監督署等からの調査、防止策対応

自社従業員からの申告による労働基準監督署の是正勧告、行政機関の抜き打ち調査など、早期対応がないと、労力、出費がよりかさみます。また、事前対応として、調査があっても十分対応できるよう防止策をとります。

人事トラブル、社内トラブル対応

法律や過去の事例に照らし合わせ、解決に最適なアドバイスを致します。

就業規則に関して

ご契約までの流れ

お問合せフォーム、お電話でお問合せください。
お問い合わせはお電話・メールフォームでお気軽にどうぞ

お問合せいただいた内容をもとに、ご指定いただいた連絡方法にて御連絡致します。

訪問させていただき、日頃、御社が不安に思っていることなどを伺います。
(変更作業でしたら、今ある就業規則をご用意いただくと助かります。)

伺った内容をもとに2ヶ月程で、御社オリジナルの就業規則のたたき台を作成します。

細かな箇所を修正後、御社に納品させていただきます。
従業員への就業規則の説明など御気軽にお申し付けください。

助成金について

助成金とは

助成金とは、国が会社を支援するために支給するものです。
つまり、融資などとは違い、返済不要です。
財源は、会社が支払っている「雇用保険料」が主な財源です。
そのため、支給を受けるには「雇用保険料」を払っていることが条件となります。

助成金申請の際の注意点

※財源が、雇用保険のため、雇用保険に加入している会社様が対象となります。

※申請をすれば、必ず支給されるものではありません。
助成金の申請の際には、行政機関の大変厳しい審査があります。
支給に結びつく様、最善を尽くしますが、補償するものではありません。
(そのため、当事務所では、お客様にリスクの少ない完全成功報酬制をとらさせていただいています。)

※支給まで、時間がかかるものもあります。

※その他、詳細な注意点は、伺った際にご説明させていただきます。

ご契約までの流れ

電話、FAX(03-6892-1157)、問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはお電話・メールフォームでお気軽にどうぞ

御社に伺い、御社に最適な助成金のご説明をさせていただきます。(1時間程)
(現在、電話、メールのみでのご説明はしていません。お忙しい中、申し訳ございませんが、
実際にお会いしてのご案内のみとさせていただいております。)

御見積書を提出させていただきます。
(伺い、御見積書を提出させていただいても御契約を強制致しません。お気軽に御連絡ください。)

御納得いただけましたら、委託契約書を作成、着手致します。

OFFICE INFORMATION
京浜労務コンサルティングオフィス
〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15
ウィン青山942
TEL:03-6324-8486
  • 問い合わせフォーム
  • 事務所案内はこちら