育児休業について2022年10月から改正がされます。

query_builder 2022/01/04

東京都港区の社会保険労務士宮澤誠です。


2022年10月から産後パパ育休(男性版育休)制度が創設されます。

具体的には、子の出生後8週間以内に4週間までの育児休業を分割して2回まで取得するこ
とができるようになります。


また、今までは、月末を挟んで育児休業を取得すると、月末が属する月の社会保険料(健康保険料、厚生年金保険料)は労使とも
免除になっていますが、2022年10月より、育児休業開始日と終了日が同月でも2週間以上の育児休業を取得した場合は社会保険料が1か月免除になります。


育児休業に関する助成金は今後も拡充されることが予想されます。

その際、改正法に対応した育児休業の規定は必須です。

この機会に育児休業の規定を見直しておきませんか?